O-11 和箪笥のリペア

使用材:

 

サイズ:

 

仕上げ:墨、欅色着色、オイルフィニッシュ

 

 ◇長い間使われてきた和箪笥の蝶番や背板等が壊れてしまい、修理をして欲しいという

  ご要望にお答えして修理を施しました。手持ちの付いた二段になっている抽斗収納家具

  で、おおよそ100年くらい前のものだそうです。
  

  当初は元の蝶番を修理し、再び使用する計画を立てていましたが、蝶番が予想以上に薄い

  事と、腐食が激しかった事により、新規にて蝶番を作る事としました。新規蝶番は元の

  蝶番同様のデザインとし、厚みを0.2mm程増して制作されています。
  

  この新規蝶番は那須町の鍛鉄作家である「かぬちあ」の中澤恒夫氏による作品です。
 

  又、背板部分の穴の開いてしまった部分は、穴部を中心に背板を取り除き、新規背板を

  はめ込んでいます。その後、不陸を滑らかにし、墨黒にて背板全体を塗装しました。

  背板を止めていた竹釘もかなり傷んでおり、こちらも新規に作成しています。 抽斗は可動

  がスムーズにいくように側板、底板等を鉋により滑らかにし、サンディングにて 仕上、面取り

  等を行いました。 .

Information

秋の益子陶器市は無事終了

 致しました。

 有難うございました!!

 

11/11(土)より、

「森 俊宏・森 由紀子 二人展」を

 今年も、栃木県宇都宮市の

 ギャラリー、

「くらしのうつわ 土の花」にて

 開催致します。

 詳細はこちら→をご覧下さい。

 

 

◇現在、バックオーダーの関係で、

 大物家具はおおよそ8ケ月先
 制作となります。
 大変申し訳ありませんが、
 どうぞご了承ください。
 現段階での納期の詳細に関しまして は、0287-64-4952、または、

 mori@mountain4.infoまで

 お手数ですが御問合せ下さい。