BT-02の御宮様

使 用 材  :樺材(産地:北海道旭川、樹齢約100年))

 

 サ イ ズ :W360×D300×H270

 

仕 上 げ  :リボス社製(ドイツ)自然建康塗料「アルドボス」
 

 ◇「れいし」を祀る為の御宮様をという御要望にお答えして制作致しました。
  御宮様内部には注連縄を張るための柱を間口に設け、「れいし」を置く須弥壇には

  緩やかな曲線をつけています。
  本体構造は強度を保ちつつ木材の湿気等による動きに対応し、かつ美しく仕上げる為に、

  天板、底板と側板の接合は「小根付通し小柄楔締め組接ぎ」にて組み込み、側板と須弥壇

  の接合は「肩付追入組接ぎ」にて組み込んでいます。又、御宮様本体の観音扉には、
  框組構造の中にブックマッチで鏡板をはめ込んでいます。その観音扉に取り付けられた
  取手は、自然木の風合いを残すような形状としています。

Information

◇現在、バックオーダーの関係で、

 大物家具はおおよそ7ケ月先の
 制作となります。
 大変申し訳ありませんが、
 どうぞご了承ください。
 現段階での納期の詳細に関しまして は、0287-64-4952、または、

 mori@mountain4.infoまで

 お手数ですが御問合せ下さい。