BT-01 山桜の仏壇及び下架台

使 用 材  :山 桜 材 (埼玉県所沢産及び福島県会津坂下産)、
     :桐 材   (会津産:抽斗内部分)

      ブビンガ材 (抽手部分)

 

 サ イ ズ  :【仏壇本体】W500×D400×H500

       【下 架 台】 W550×D450×H930

 

仕 上 げ  :リボス社製(ドイツ)自然建康塗料「アルドボス」
 

 ◇「父が残した山桜材を使って仏壇を作って欲しい」という御要望にお答えして

  制作致しました。
  仏壇内部は位牌を置く上段の須弥壇と、花台や線香等を置く下段の須弥壇の2段構成と

  なっています。又、下段須弥壇下には引出し可動棚を設置し、その下には 小物入れ用の

  抽斗が設けられています。抽斗の内部には会津産の桐材を使用し、引出可動棚と抽斗の

  取手及び扉の取手はブビンガ材を使用しています。
  下架台は御自宅のカウンター高さにあわせる形とし、幅、奥行は仏壇を設置して不安定

  にならないよう、若干仏壇の寸法より大きくしています。又、下部の組棚はスリット状

  にすることにより、ちょっとしたものを収納しておく事が可能となっています。

Information

秋の益子陶器市は無事終了

 致しました。

 有難うございました!!

 

11/11(土)より、

「森 俊宏・森 由紀子 二人展」を

 今年も、栃木県宇都宮市の

 ギャラリー、

「くらしのうつわ 土の花」にて

 開催致します。

 詳細はこちら→をご覧下さい。

 

 

◇現在、バックオーダーの関係で、

 大物家具はおおよそ8ケ月先
 制作となります。
 大変申し訳ありませんが、
 どうぞご了承ください。
 現段階での納期の詳細に関しまして は、0287-64-4952、または、

 mori@mountain4.infoまで

 お手数ですが御問合せ下さい。